あなたが儲けたいなら・・・・・・

株式は二者択一(Buy or Sell)の世界で何故か上手くいかない・・・
倒産リスクが皆無のA者の株式を350円で5,000株購入し、
280円で10,000株、さらに200円で20,000株と難平していけば、
一般投資家は理論的には絶対損失を出すことは無いと考えがちですが、
それでも収益が上がらないのは何故か???
それは『待てず・買えず・売れず』の“3ず”にあります。
株式は短、中、長期的判断が必要であり、“3ず”を解決するには
当社のキーワードの『T』であるトレンドと転換期(Turning Point)を
読みきるしかありません。
これは上級の上の方でも度々間違いをおかします。
中級と上級との差は、その後の対処の仕方にクラスの差が現れます。
当社も転換点(ポイント・オブ・レコグニション)を断定は出来ませんが、
「一過性の押し目なのか?」 「短・中・長期のトレンドの転換点なんか?」
位は90%近くは読みきれます。
また、一般投資家の『3ず』をずばり指摘した至言があります。

『投機家にとって最大の敵は無知、欲、そして恐怖と希望の感情である。』
リバモア                            リバモア「欲望と幻想の市場」エドウィン・ルフェーブル著 東洋経済新報社