心を強くする修行(トレーニング)

@ハングリーになる環境とは。
A:職場で能力以上の報酬という環境では自己満足という不純物であり欠乏欲
  生まれない。

B:個性が強いため(例:不純物なし)同僚、友人、上司等より敬遠されがち。

C:人口2千人の町では大金持ち、東京では小金持ち、N.Yでは並の人。
  場所によりハングリーという尺度は変る。

  「清貧の家に育った子供は、なにものにもかえることの
                         できない尊い宝を与えられている」
                                   アンドリュー・カーネギー A正念場等を幾度も乗り越える。

B世で実歴を重ねるには学力偏差値も大事だが、生活偏差値を高くする・・・。
  自然と逞しい雰囲気になってゆく。

C人との競争、投資に負ければ淋しく、辛い孤独感を味わい知る事が出来る。そこ  で同調者を求めれば永遠に強い心は創れない。

D「これでも結構幸せ・・・」
  見栄から出た言葉でなければ良いのですが・・・。
  周囲の人が現状肯定からは何も生まれないと気が付けば、子供など
  周囲の人からは軽蔑の対象になる。但し過去の人と「?才以上」には
  許されるのでは・・・
  ただ若い人が以外に「結構幸せ・・・」「私平凡な生活でいいの・・・」等を連発する
  現実には驚きです。「苦しい事を避け、見栄から出た言葉でない事を 祈り・・・」
  また平凡な人生、簡単に聞こえますが、これまた大変な事、
  私も望みますがなかなか出来ません。平凡な人生は私の憧憬。
  「どうせ夢と理想を追ったって・・・」
  子供心の仄かな夢を忘れ、辛い事も乗り越えようという情熱も失い、
  背水の陣を考えたことも無く、ただなんとなくワイドショーの話題と愚痴を
  こぼしながら、無為な時を過ごした厳しい実社会の現実に負けた人

 


個人情報保護法
利用条件