UIWグループの自己資本は、約31億円(含み損ゼロ)

余りとまだまだ市場に可否を問うような企業グループではございません。

そこで、3年、5年、7年の企業の成長を考えれば、

あえてリスクのある運用も必然の選択と考え、実行している次第です。

成長性(収益性)
安全性という二律背反の命題を解決して行くのが

人間の英知ではないか!
というのが、我がグループの経営理念でもあります。

そこで我々は成長性の源泉を株式投資に求め、安全性を不動産投資に

求めています。 ではなぜ不動産投資が安全性を生むのでしょうか?

それは長期間、安定したキャッシュフローを生むことに尽きると考えています。

また他人資本を使える点ではROEの向上にもつながります。投資に当たっては、

いかに簿価の低い資産を保有するかが、企業の安定性を図る上で重要な

要素だと考えており、含み益の蓄積は企業体力の向上につながると

考えております。また株式投資といっても、換金性の高い現物株の保有は

安全性の向上にもつながると考えております。しかし下落リスクも考えています。

※リスクマネージメント


≪グループビジネス(不動産、エクイティ、サービス業)が内包するリスク≫

【予測不可なリスク】
@地震リスク(備えと対策60%)Aテロリスク(同60%) 
B地政学リスク(同50%)     C海外リスク(同80%) 
D財政リスク(同80%)

【予測可能なリスク】
@為替               A米・中ならび世界経済
B石油ならび資源高騰      C金利上昇リスク


       






個人情報保護法
利用条件