UIWの財務とは、貸方である他人資本と預り金、自己資本、所謂価値を生み出す

源泉が有効且つ長期の視点にたった運用形成が成されているのか、

また借方である運用構成に偏りがなく、流動性を重要視した上でのバランスが

執れているのか?と常にインプット・点検しなければならない。

財務担当は・・・報告義務あり。

また、UIWの今後の理念を果す為には、絶対条件と言っても良いB/Sには載ら

ない無形資産(組織力・運用力・経営力)のレベルを評価認識する尺度は

UIWの要



安全性―――点検項目

  1. アセット&キャッシュフローレシオ
  2. 実質自己資本比率の憲章は守られているか
  3. 資産項目の精査・・・期待値は。健全?含み損、含み益の開示。

以上の考え方によりROE、ROAの経営目標は現在のレベルではなく、

それは社会に対し、説得出来る組織が出来た時、始めて採り入れる。

過去の失敗例より現在は、組織力がROE等を反映し通知表と考える。

以上の理由により、
     @家康35%  A秀吉 30%  B信長 35%

の指針を持って財務の強化を図る為の戦略。





個人情報保護法
利用条件