経営の要である組織創りは、人材戦略とは逆比例とも言える。何故なら百人百様

の人から形成される組織作りは簡単ではない。つまり「コレデ・・・完成・・・」という

物作りのようにはゆきません。


組織創りには終りがない
Why
@時代の変化に適応、その変化を先取りした組織の再構築を
  柔軟且つ実行出来る先見性が必要。

A人は何かを決断する時、過去の体験知に頼りがちで時代変化を嗅ぎ取れず、
  ついつい成功体験というしがらみによる後手後手に回らない事

B如何に熟達したリーダーであっても、所詮感情を有する人間。大企業の
  D社のよ  うに人材の流出による弱体化を未然に防ぐ為、大器小用がないか?
  目配り、心配りは肝要。

以上の理由により
    @家康 50% A秀吉 20% B信長 30% が組織創り戦略。

注:適材適所等は、人材層の厚い場合を前提にしており、エスプリ企業を目指す

UIWも、今後層の厚みについては重要課題。

現在のUIWは報酬と能力により
一人二役〜一人五役も有り得る

それを克服出来た時、個人、そしてUIWの未来も確信出来る。





個人情報保護法
利用条件