UIWが一つの経済主体である企業として存続、エスプリ企業として進化する為に

不可欠の資源(人材)を、いつ当るかわからない宝クジのような新油田の開発に

例えてみよう。

それを解決するのは、信長か?秀吉か?家康か?

@家康――出ないなら出るまで待とう 新油田
A秀吉――出ないなら出させてみよう 新油田
B信長――出ないならヤメテシマエ開発を

@は少しの費用(求人媒体を2ヶ月に1度位)で長期間という安全性を優先した
  スタイル。→ミニマムリスク→偶然を期待。

Aは大きな費用(ヘッドハンティング会社等に依頼等)で短期間で成そうとする
  強い意志が伺える→ミドルリスク→必然という信条めいたものを感じる。

Bはヘッドハンティングは勿論、情報収集にも莫大な投資をした上、
  意に沿う人財でないなら別の方策と先を読み、次のストラテジーの
  「知恵を出せ!」と何事にも妥協しない姿勢がうかがわれる。
  →ハイリスク→ナポレオンを彷彿させ「余の辞書に不可能の文字はない」と
  自尊故の傲岸さも感じなくはないが、UIWにはそのような個性も必要。
  向こう一年間のUIWは
  
  
Aが65%、Bが20%、@が15%という人材・人財戦略。





個人情報保護法
利用条件