普通の人は、希望的観測に基づいた図面を書きがちです。

「なりたいな・・・」「なれたらいいな・・・」等、さも人ごとのように自分の人生を

考えがちです。それは何故でしょう?

答えは、次の地味なので最も手抜きし易い基礎、躯体(壁面)工事のレベルで示唆

しています。この段階では省略しましょう。 あなたは

稚拙でもいい、とにかく実現可能(努力の結果)な設計図をひくべきです

20才の人は65年、50才の人は35年間の設計図をとりあえずひく。

20才の人は大変ですネ・・・。しかしオリンピックに例えれば20代は金メダル、30代

は銀メダル、40代は銅メダル、50才以上はさしずめ鉄というところでしょうか・・・。   
しかし諦める事はありません。正宗等の名刀は鉄から造られているのです

(永遠に残ります)。

鉄を錆びた屑鉄にするか(屑鉄でも捨てたものではありません・・・

電炉なり、溶鉱炉に入り、新しい価値の創造を目指します。)、名刀に造り上げるか

はあなた次第です。

人(男)は魅力的な女性を口説き落とそうと考えた時、かなりずる賢い人は手順を

考えます。いかにも自分は将来成功者になる如く、「・・・と」素晴らしい設計図を

披瀝します。しかし本質は口だけの不真面目な人間という例が多く見られます。

この人のように、あるターゲットに対し戦略に基づいた手順を踏みながら、

目的を達する事人生の設計図です。

例えば、目標⇒計画(戦略)⇒実行⇒結果⇒確認⇒対策、を何度も何度も

繰り返さなければなりません。

「何々(お金、恋人等)が欲しいな・・・」と希望、願望、切望、で終るのも25才までは

許されるでしょう。しかし28才の人は理性的欲求である財産欲、名誉欲等を

渇望し、「実行するぞ!」という意志を強く持たない限り、せっかくつくった人生計画

も画餅に終るのでは。 何故なら、

  1. 人間は理性的な欲の強い人ほど、よく働くと思います。

  2. 20代では地味な基礎、躯体など、設備などを省きかっこいいと思われるデザインに目が向き「短時間の少しの努力で成功する・・・厚かましい(思慮のない)若者が多い」のも事実。

  3. 「言葉よりも計画、計画より実行、実行より実績」というUIWの社訓があるのですが、かなりの人が言葉口{嘘}も方便の悪用)で終る。
    夢なき者は理想なし  理想なき者に計画なし  計画なき者に実行なし
    実行なき者に成功なし 故に夢なきものに成功なし      吉田松陰

※最後に、ある医師は95才になっても設計図を描き、日々、実現に向け努力しています。見習いたい・・・。

個人情報保護法
利用条件