UIW未来像・・・承継びと

32年という時空を超え・・、現在の若者とUIWの姿を想像してみよう・・・。

その時の資産は、若者が常に世界的視野でものを考え、更に飛躍する為に・・・

と願いを込めた・・・単なる先達の遺産であり、世界を実現する為には

承継者は誰か?という命題に対しての答えは、法定相続人か?

プロパーなのか?外部招聘なのか?と考えを巡らす・・・。

その承継者の条件とは、

@ UIWの使命・理念・哲学を名実共に理解し、それを実行出来る共感者。

A 理念の実現には日々経営能力を磨き高める努力はいうまでもなく、世界規模で
   の世の移ろいに対応し、チャレンジという言葉と心の持ち主。

B Aの項目を真摯に実践する、責任感の強い人には宿命とも言える、
   「私が望まなくとも訪れた絶命、絶滅の恐怖を克服せねばならない」・・・
   幾度も・・・幾度もそれを成せた人を、経験豊かな人とUIWは考え、
   また成長する為には欠かせない問題意識の希薄な、ただ何となく年数を
   積み重ねただけの人を、人生経験豊富な人と呼ばない・・・UIWでは・・・。

C 以上のように世紀(100年)単位で存続するだけでなく、常に現状に
   満足せずあくなきU.Iを求め続ける人、又そのような集合体を歴史ある
   企業と定義する。

※UIWグループはちなみに個人創業より35年余りの企業。
  人で言えば小学生という認識

個人情報保護法
利用条件